ペットを一緒に住みたい人へ

賃貸物件にて若い女性の一人暮らしにもはや必需となっているのがペットの存在です。
そのためか、新着物件特集ではペット賃貸物件などが増えています。
とは言え、ペットは禁止と言っているのに飼ってしまう人も多いのです。

もし飼っている事がバレた場合、大切なペットを手放すだけでも辛いのに契約違反しているので他にも色々と問題が出てきます。
あなたがどんなにペットに癒されたかは問題ではありません。
契約違反をしているので、今まで可愛がってきた、という言い訳は通用しないでしょう。

こういうリスクを背負うのは避けるためにも、ペット同居型の物件が良いのでは? と思います。
またペット応相談、という物件もあります。
一言相談してくれば、敷金次第で相談に乗りますよ、というものです。
通常2ヶ月分の敷金が4ヶ月分になります。

住まわせる側はあなたに売るのではなく、”貸す”のです。
ペットを飼うことで室内が不衛生になる可能性、フローリングや畳の損傷などがあります。
退去する時に室内の修繕代が多くなるのは明白です。
バレた場合、その修繕費以外にも色々とキツい状況へと追い込まれるかもしれません。
しかもその期間が長ければ長いほど、自分の首を絞める力が強くなって行くでしょう。
バレなきゃいいが、言っておけば良かった、へと変わるかと思います。
茨木市玉瀬町不動産

敷金は不動産屋への担保です。
その預けたお金で退去する時に室内の修繕をします。
支払う敷金が多くなるのも、ペットを住まわせた場合の貸し手側の保険ということになります。
下手に契約違反を起こすよりも、健全な方法です。

倍の資金を払ってペットを飼えるのであれば後は気兼ねなく生活する事が出来ます。
後々禁止事項を犯して大変な事態になるよりか賢いやり方だと思います。

ただ、築年数が経った古い物件では通常の資金でペットを飼える場合もあります。
一応そこは不動産側との交渉次第です。
ペットと一緒に住みたい場合は、古い物件を中心に探してみてください。
あとは交渉がモノを言います。

理想的な土地を見つけたい

土地を選ぶのに理想的な土地というのは選ぶ人によって違います。
が、大まかな条件というのはある程度決まっています。

交通の利便性、立地条件、その土地の安全性などです。

細かい条件はそれぞれ違いますが、選ぶとしたら生活のしやすさというのが決定的なポイントになるはずです。
また土地を選ぶのはそのときの生活だけでなく、その後の数年後、数十年後を考慮した上で選ぶ事が優先されます。

将来どう家族環境が変化して行くのか、そこまで考えないと良い土地選びというのはなかなかできません。
たとえば、子供が生まれて学校へ通わせなくてはならなくなります。
せっかくマイホームを建てたのに、近くに学校が無かった……、という場合も十分に考えられます。
病院や銀行が近くにない、というのも今度のことを考えると近くにあれば便利な施設です。

しかし、この条件をすべてクリアしている物件というのはなかなかありません。
どこかしらで妥協しなければ土地を選ぶ事ができなくなってしまいます。
譲れる部分と譲れない部分をはっきりさせておくと良いと思います。
迷っていると他の人に取られてしまいます。
土地選びは早い者勝ちです。迷っているうちに他の人が持って行ってしまう事が多々あります。

だからこそ、購入する前の条件の選別が重要になってくるのです。
選び始めてから決めたのでは先を越されてしまいます。なので選び始める前から条件の選定が必要なのです。
ずっとそこに住むからこそ、重要になる条件というのが必ず出てきます。
また車を持っているか持っていないのか、持とうと考えているのかいないのか、で条件が大きく変わってくると思います。

土地決めはマイホームを持つのに最も重要な部分であり、そこ次第で生活ががらりと変わります。
何を優先すべきなのか、どこなら妥協できるのか、はっきりさせておくと良いでしょう。
焦る必要はどこにもありません。自分にとってどういう場所に住むのがベストなのか、じっくりと考えて下さい。

土地価格は人気で決まる

物件の価値は立地条件で決まると言っても過言ではありません。
ただ、その立地環境が良ければどんな建物であっても良いのかと言ったらそうではありません。
住宅の価値を占める割合が、建物よりも立地環境に大きな比重が置かれているというだけです。

新着物件特集に載っているような人気のある高級物件は建物が高級という意味だけに限らず、土地に高価な価値があるということを指しています。

人気があるというのは交通の利便性が高いや周囲にどんな施設でも揃っている、という理由だけではありません。
ただ人気があるというだけで価格が大きく変わってきます。
交通の便があまり良くなくても、周囲に施設が揃っていなくても、人から人気がある土地ってありますよね。
それがそういう土地が高い理由でもあるのです。

意味が分からないかと思いますが、土地価格というのは人気も大きな要因になるのです。
極端な言い方をしてしまうと富裕層が好む立地ほど、稀少価値ある物件ということになります。
また空いている場所が少ない、地価などの経済的な理由もありますから。
なので高級住宅街が必ずしも最寄り駅の近くで、賑わいのある街であるとは限りませんよね。

ですが、これが住みたい町かどうかは別問題だったりします。
でも、人気のあるところは通じてステータスとして評価できるところが多いです。

とは言っても結局住む人が住みにくいのではそこには価値はありません。
ステータス目的でわざわざ住みにくいところに住んでも、そこがベストかどうかは分かりませんからね。
どこに住みたいかじっくりと迷って考える事が重要です。
それは子供ためなのか、通勤のためなのか、生活のためか、または友達に自慢するために土地を選ぶのかは自由です。

価格も土地の便利さで大きく反映されます。
ぽんと買う値段では無いのではありませんので、慎重に考えてください。
せっかく高級住宅地に土地を買ったけど、まともな家が建てられるほどの土地では無かったとか笑えません。

せっかく購入したのに……

新築物件を購入した後、すぐに価格が購入価格の2割も下がってしまうのをご存知でしたか。
いくら新しくても、買主がそこで住み始めてしまった時点で中古物件になってしまうのです。
何でもそうですが、何かを買って売る時購入価格よりも必然的に下がってしまいますよね。それと同じです。
実際に4000万円で購入した新築住宅を、どうしようもない理由で手放さないとならなくなったしまった場合、3200万円程度になってしまうのです。
当たり前ですが、時が経てば経つほど価格は下がって行きます。

なぜこんなに露骨に下がってしまうのか。
実は新築住宅は土地や建物の価格以外にも様々な費用が上乗せされています。
新着物件特集などで紹介されている住宅は、そこで宣伝されている他に販売時に使う立派なモデルルームの費用、広告などの作成費用などの経費が含まれているのです。
それを含めた差し引いての中古価格だと言う事になります。
これはマンションでも同じ事が言えます。むしろこういうケースではマンションの方が多いかもしれません。
戸建ての場合は注文住宅になりますので、宣伝などの費用が含まれない場合もあります。
とは言え、どちらにしても売値価格の中には色々な経費が含まれているということです。
分譲住宅などはこの傾向があるように思えます。

大体がその土地に建築される前にモデルルームの展覧会などをやっていますので、費用も含まれているはずです。
完成前に見ることができるというのはメリットではありますが、だったら中古でも……、という考えに至る場合もあるかと思います。
そこは自分にとって何が必要なのかを明確にする事が大切になってくるのかを考える必要が出てきます。

購入したモノををすぐに売りに出す事に無いよう、計画的に進めて行くのが得策です。
慎重に進める事も大切ですが、慎重になり過ぎるのは判断を鈍らせる事にも繋がります。
広い視野を持って、色々と参考にしながら迷って決めるべきところです。
住宅購入は決して安いお買い物ではありません。

住宅の適正価格を知る

分譲マンションにしてもどんな住宅を購入するにしても、一番気になるのは物件価格だと思います。
買う側からしてみたら価格が低ければ低いほど嬉しいものです。
ですが、住宅購入するときは相場というものがあります。それが適正価格であり、そこを見て高いのか安いのかを判断します。
価格だけ見てもそれが安いのか高いのかの判断がそもそも付けられません。
なのでマンションを購入するにしても、その地域の適正価格を知らないまま購入するのは避けましょう、ということです。

新築でも中古でもその考え方は変わりません。
まずはじっくりと近辺エリアの物件価格を調べてみてください。
そこの相場を把握するところから始めた方が後々有利になります。
新築は違いますが、中古の場合価格というのは基本的に売主が付けます。
不動産会社はあくまで適正な価格を提示しているだけであって、それを受け入れるかどうかは売主次第なのです。
新着物件情報にある中古物件の中にも、相場よりも高い物件がちらほらあるかと思います。
それは売主にその物件に対して大きな思い入れがある、ということだと思います。
ともあれ、相場を確認した上で物件購入を考えましょう。

しかし、相場よりも高い場合、売主の思い入れのほかにも要因はあります。
たとえば、デザイン性、設備機能、立地条件など、高くなる要因は色々あります。
逆に低い場合、どうして相場よりも低いのか何かしらの原因があるので知る必要があります。
素材の問題、建築法の問題、交通の便、目の前の道幅の問題など、安い価格には安いなりの理由が必ずあります。
また土地の問題など、価格が安い理由は今後の安全性や生活面にも大きな影響を与えるので知っておきましょう。

まずは住みたいエリアの相場価格を知る事が重要です。
この間取りで、この土地の広さ、マンションであれば設備や立地条件など、条件が固まっていれば適正価格を導き出すのも簡単なはずです。
価格が安いのはお得ではなく、それなりの事情がある事は忘れないように。

注文住宅で建てたいけど

自分の住まいにこだわりを持ちたい、という人のために注文住宅が存在します。
最近は分譲よりも、直接工務店やハウスメーカーだけでなく、建築家などに依頼するケースも増えています。

どのような新居にしたいのかで規模も形態も変わってきますので、それに合った方法を選ぶ事がベストです。
工務店であれば、それなりの規模を建築が可能だと思います。
また地元密着型であるケースも多いので、その地域に合わせた提案をしてくれるかもしれません。
土地を決めの段階で、ここは水はけが悪いなどの情報が貰える場合があります。
工務店はその土地に家を建てる事が目的なので、その土地に建てられない場合ははっきり言ってくれます。
家を建てるのに向いている土地の案内もしてくれるので安心できるかと思います。

ハウスメーカーは画一的な施工の実績が多いのが特徴です。
品質や安定感が高く、無難な住宅を建てるのには向いています。
ただ標準的な仕様に当てはまらない、個性的な住宅を建てたいと考えている場合はあまりお勧めできません。
対応してくれない場合もありますし、やったところで中途半端なものになってしまう可能性があります。
安定した無難な注文住宅、というのであれば安心度はあります。。

建築家などの強みは小回りが利き、デザイン等にこだわった個性的な住宅の発注もしてくれるという部分です。
建築家へ依頼する場合、工務店と太いパイプを持っている人を推奨します。
時間は掛かりますが、相応の住居を入手することができます。
ただ、時間が掛かるという事はそれだけ費用がかさむという事でもあります。
丁寧に家づくりを進行してくれるのは良いですが、早く家が欲しい人にとってはどうでしょうか。

どんな家に住みたいのか、その求める住宅の内容をはっきりさせてから依頼するのがポイントです。
ご家族と充分過ぎるほどに相談した上で発注の契約を行いましょう。
高いお買い物ですし、事は慎重に行きましょう。それそれの特徴を加味した上で、最適な場所へ依頼してください。

自己資金を蓄えよう

新築、中古、分譲に限らず、住宅を購入する場合、必ずと言って良いほど住宅ローンを利用する事になるかと思います。
金額が何千万円という多額のため、それを一括でポンと買える人はそういないはずです。
となるので、住宅購入をするときは住宅ローンを利用します。
ローンを組む場合、考えておいて欲しいのが頭金です。

住宅ローンがあるのに、なぜそこまでして自己資金を作ることが必要になるのか。
住宅ローンで融資を受けるためには、頭金が必要です。
金融機関の融資額は、物件の購入価格の80%が限度額になっているため、残りの20%は自己資金でどうにかしないとなりません。
頭金が購入価格の2割程度、と言われているのはこのためだったりします。

頭金をすべて借り入れる事も可能だとは思います。
しかし、その分の額もきっちりローンの中に組み込まれます。
ということは、返済期間内にその分の返済もしなくてはならなくなってしまうのです。
当然ですよね、頭金だけは別になるという事はありません。
また借り入れ金が多ければそれだけ利子も加算されます。そうなれば余計に支払わなくてはならなくなってしまいます。
住宅価格が高いため、数百万程度と思うかもしれませんが、それをローンを完済できるまでの期間で計算してみてください。
きっと安いとは思えない金額になっているかと思います。

3000万円の住宅を購入する場合には600万円以上の自己資本を作らなければなりません。
また、自己資金は頭金だけでなく、住宅購入の際に必要な諸費用にも充てられます。
税金や手数料、司法書士への報酬なども含まれます。それらすべての資金として自己資金が必要になってくるのです。

住宅購入を考えるのであれば、まずは自己資金の確保から始めましょう。
多ければ多いほどスムーズに安心して進める事ができますので、早い段階から考えておくと良いと思います。
万全の状態で住宅購入へと進んで下さい。きっと大丈夫”だろう”で進むと、せっかく購入した住宅をすぐに手放す事になるかもしれません。

不動産屋へ行く前に

賃貸物件を探すとき、前調べもせず直接不動産屋へ行き部屋を探す、という事は今の時代あまり無いかと思います。
少なくともインターネットで事前に調べてから候補を絞ってから行くのではないでしょうか。

今はインターネットで簡単に物件を見つける事ができますし、ネットで調べてから見に行くというのが当たり前です。
不動産屋側もホームページ上に新着物件特集などのコーナーを設けています。
何か聞きに来る前に事前に調べてから来てくれ、という意思表示でもあるのでしょう。
一から要望を聞いて分厚いファイルをめくりながら探すのはさすがにキツいものがあります。

ネットでは間取りまでは確認する事ができます。
周囲の環境などは実際に行ってみないと分かりませんが、部屋の中身だけは簡単に把握できます。
そこから自分の条件に合った物件をいくつか探して候補として持っておきましょう。
すべて埋まっている、と言われてしまう場合もあります。
ネットの物件特集などは更新が遅い場合もあり、入居者が埋まっているのにもかかわらず空き物件として紹介している事もあります。
これは不動産屋全体によくある現象なので、気になった物件があったら電話などをして確認を取ってください。
面倒な作業になりますが無駄な時間を省くためには必要なことです。

またたまにネット上では紹介されていない物件も存在します。
それは貸主側が渋っている場合があり、これは直接不動産へ尋ねるしか確認する術がありません。
こちら側の条件を伝えて教えてくれる場合もあります。

何にしても住みたい条件をあらかじめ決めておくことです。
妥協できる部分、できない部分などを明確にしておけば探すほうもスムーズに紹介できます。

よくこの手の話題で挙がるのが、大手の不動産が良いのか地元の不動産が良いのか、ということです。
手広く無難な物件を持っているのは間違いなく大手の方でしょう。
マニアックなところを知っているのは地元不動産、となることが多いかもしれません。
どちらにしても住みたい系統によって変わってきますのでタイプさえ間違えなければ問題ありません。

分割譲渡とは

分譲とは分割譲渡のことを言います。
分かりやすく言えば、まとまった土地や物件の所有権を分割して販売する、という意味です。
広大な土地を業者が一括で購入して開発、それを一戸ずつ販売する住宅を分譲住宅と言います。
分譲マンションの場合、一戸分の住居と土地の所有権を持つことになります。
しかし、戸建の場合とは異なり、その購入した部屋の面積に応じて、その敷地の何割分の所有権を得るという形です。
戸建の場合との大きな違いは、その土地権利が居住している人達と共有になりますので、自分の意思では土地を使用することができないという点です。
その分譲マンションにある管理組合で、話し合って決定する必要が出てきます。

分譲は基本的に業者が土地を買って地をならし、電気や水道などのライフラインを整備した上で区画ごとに分割します。
この土地だけを売買するのも分譲と言います。
土地に戸建てを建て売買することを建て売り分譲、売られている住宅のことを分譲住宅と言います。
空いた土地に似たような形の住宅が並んでいるのを見かけた事がありませんか?
同じ土地に複数の住宅が並ぶ、あれが分譲住宅になります。

価格は注文住宅よりも安く済みます。
ただ、間取り等はすでに決まっている住宅を販売しているのでそこは善し悪しです。
ともあれ購入する事に間違いは無いので、安易に決めてしまわないようにしましょう。

マンションの場合は所有権を部屋ごとに分割して売ります。
前述したように買った人の所有権はその部屋だけになり、土地そのものにはありません。
分譲マンションも戸建て同様、賃貸物件に比べると格段にしっかりとしたモノになっています。
購入する形になりますのでそれは当然でしょう。

分譲の中でも、分譲賃貸というものがあるかと思います。
これは本来分譲マンションだったものを賃貸物件として貸し出しているケースになります。
ほとんどが空き部屋を賃貸しているので家賃は割高ですが、つくりが良いです。

住宅ローン返済を短くすると

住宅ローンの組む場合、返済期間は35年になります。
が、フルで35年で組むよりも5年短縮して30年にした方が、総返済額が下がるのは当たり前ですよね。

計算してみましょう。
たとえば借入額が3000万円だった場合、金利を3%だとすると5年短縮するだけで約300万円も返済額が違います。
ローンを長く組めば、その分利息が上乗せされて行きます。
また余計な利息は払うこともなくなり、年金生活に入る前に完済できれば負担が減ります。

でもそんな簡単に返済期間を短縮して良いのか、と思うはずです。
なので、できるだけ早く返済するため繰上げ返済を行うのです。
まとまった額を一気に返済に充て、返済1年目から本気で返して行きます。
変動金利の場合、短期で返済しきった方が効率的です。

余計なお金を払い続けるよりも、多少厳しくても早く済ませた方が支払う利息も減り、金利の影響を受けなくなります。
繰り上げ返済には手数料が掛かる銀行がまだあります。
ですが、探せば繰上げ返済の手数料が掛からない場所もあるので選択肢の1つとして考えているのであれば探しておくのも良いでしょう。

先ほど金利の話題が出ました。
ローンを組むとき、固定金利にするのか変動金利にするのか選ぶ事になるかと思います。
本来なら金利が固定された固定金利の方が返済するのに安全だと思うかもしれません。
が、例えばの話、35年全固定と変動金利だと2.3%くらいの差が出てきます。3000万円を借り入れたとして、その差は69万円、これを掛かる年数で計算すると……。
返済が長引けばその分、毎月の返済負担も上がってしまうのが固定金利です。
金利がどうであれ変動金利の低い金利の期間でできるだけ返済できた方がトータル的にはお得なのです。
とは言っても、すぐに切り替えることができますので臨機応変に対応していくといいと思います。

住宅ローンは家を購入したら避けては通れない道です。
それをどれだけ損をせずに返済していくか、というのが課題です。
得をしようと考えると結局は損をすることになるので、できるだけマイナスにならないよう動いた方が結局は得へと繋がって行きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ